在宅勤務したい人必見!「chromeリモートデスクトップ」の使用方法

今、コロナウィルスのせいで大変な世の中になっていますよね。 

それもあってリモートワークに切り替えている会社も多いのではないでしょうか。

 

ただ、PCの知識や環境の準備が間に合わないという方もたくさんいらっしゃると思います。

 

今回はリモートワークする上でオススメの自宅から会社のPCを操作する方法として、

Google社が提供しているブラウザで使用する「Chromeリモートデスクトップ」について解説します。

 

MacとWindows両方の使い方について解説しているので参考にしてみて下さい。

在宅勤務したい人必見!「chromeリモートデスクトップ」の使用方法

在宅勤務したい方はchromeリモートデスクトップを使うのを強くオススメします。

 

chromeリモートデスクトップはGoogle社が提供しているブラウザを利用してPCを遠隔操作できるサービスです。

 

利用するメリットとしてはブラウザを利用するだけですので、面倒な設定作業がいらないということでしょう。

動かすPCとユーザーが実際に操作するPC側にchromeブラウザ上で設定をするだけですので、

他のサービスに比べて初心者でも簡単に利用することが可能です。

 

MacでのChromeリモートデスクトップの使い方

<アクセスされるPC側の設定>

1.Google Chromeを開く

2.Chromeのアドレスバーに「remotedesktop.google.com/access」と入力して検索

3.「リモートアクセスの設定」の枠内右下にある「Chromeリモートデスクトップをダウンロード」をクリック

4.「インストールの準備完了」と表示され、左下の「同意してインストール」ボタンをクリック

5.「Chrome Remote Desktop Host.pkg」がインストールされるのでダブルクリック

6.「Chrome Remote Desktop Hostのインストール」のが立ち上がる。続けるをクリック

7.インストールをクリック

 

8.インストールの許可するためにPCのパスワードが求められるので入力

 

9.インストール開始

 

10.インストールが完了

 

11.元のChromeのページに戻ると、ホストのPCの名前を登録する

 

12.任意のPIN(6桁の任意の数字)を入力して起動を押す

 

13.Chromeリモートデスクトップが変更を求めていますと表示が出るので、PCのパスワードを入力

 

14.「Googleリモートデスクトップに権限を付与する」という画面が出るので、「アクセシビリティ設定を開く」をクリック

 

15.左下の鍵をクリックしてPCのパスワードを入力

 

16.「Chrome Remote Desktop Host.app」にチェックを入れる

 

17.「Googleリモートデスクトップに権限を付与する」の画面に戻り、次へをクリック

 

18.設定が完了する

 

19.「起動しています…」から「オンライン」に切り替わる

 

<操作側のPC>

20.操作側のPCでChromeを立ち上げる

21.<アクセスされるPC側の設定>でログインしていたgoogleアカウントでChromeブラウザにログイン

22. 拡張機能「Chrome Remote Desktop」をクリック

  ※ブラウザの同期機能がONになっている必要があります

23.画面上部に5.で登録したPC名が表示されているので、クリック

12. 6.で登録したPINを入力

13. アクセスされる側のPCを操作可能になる



windowsでのGoogleリモートデスクトップの使い方

<アクセスされるPC側の設定>

1.Google Chromeを開く

 

2.Chromeのアドレスバーに「remotedesktop.google.com/access」と入力して検索

 

3.「リモートアクセスの設定」の枠内右下にある「Chromeリモートデスクトップをダウンロード」をクリック

 

4.別windowで「Chromeウェブストア」の「Chrome Remote Desktop」が表示されるので、「Chromeに追加」をクリック

 

5.アクセス登録する自分のPC名を入力

 

6.PIN(6桁の任意の数字)の入力

 

7.「起動」をクリック

 

8.「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されるので、「はい」を選択

 

<リモート操作側のPCの設定>

9.<アクセスされるPC側の設定>でログインしていたgoogleアカウントでChromeブラウザにログイン

 

10. 4.で追加した拡張機能「Chrome Remote Desktop」をクリック

  ※ブラウザの同期機能がONになっている必要があります

 

11.画面上部に5.で登録したPC名が表示されているので、クリック

 

12. 6.で登録したPINを入力

 

13. アクセスされる側のPCを操作可能になる

まとめ

ブラウザで使用する「Chromeリモートデスクトップ」を利用することで

会社などのPCに遠隔操作する方法がわかりました。

 

Googleが提供している機能ですのでセキュリティは問題ないですし、

何よりブラウザですのでウィルスに感染する確率は低いでしょう。

ただ、油断せずにパスワードを盗まれてしったりしないようにセキュリティソフトはしっかり入れておきましょう。

 

リモートワークをこれから検討する方はぜひお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です