PHP開発環境の構築

ローカル環境でPHPを開発する方法について説明していきます。

そもそも、なぜ ”ローカル環境” でやる必要があるのか

ローカル環境とは自分が使っているPCそのものを指します。

この環境でPHPを動かすメリットは何なのか言うと、

逐一自分の書いたPHPの状態を確認することができる点が挙げられます。

通常、PHPはHTMLと違い、書いた物をブラウザで表示したりすることがそのままではできません。

では、どうするかと言うと、レンタルサーバーなどを借りてFTPソフトでPHPファイルをサーバーに転送し、そこで初めて動作させることが出来ます。

これでは、色々手間と時間が掛かって開発に集中できませんよね?

何とか簡単に書いたPHPファイルを確認する方法はないものか。。。

その答えは簡単です。

自分のPCを擬似的なサーバー環境にしてしまえばいいんです。

これからその環境を作り出す設定をして行きます。

MAMPソフトのインストール

まず初めにMAMPと呼ばれるソフトをインストールして下さい。下のリンク先からインストール出来ます。

https://www.mamp.info/en/

「Free Download」を押すと、下の画面に移動しますので、自分が使ってるOSの物を選択して下さい。

ここではOS Xで進めて行きます。

パッケージをダウンロードが出来たら、続いてパッケージを開いてインストーラーを起動して下さい。 

すると、次のような画面が現れますので、次の画面まで続けるを押してください。

インストール場所を聞かれますので、インストール先を選んで下さい。

基本的には初期設定のままでよいでしょう。

「インストール」を選択すると、PC自体がソフトをインストールして良いか聞いてくるので、

パスワードを打ち込んでインストールしましょう。

以上でインストール完了です。もうインストーラーは不要ですので、削除しましょう。

MAMPの初期設定

次にMAMPソフトの設定をしていきますが、その前にMAMPソフトの動作確認をします。

アプリケーション上に下のソフトが入っていますので、左の灰色の方を起動させましょう。

すると、次のような画面が立ち上がります。

この画面はMAMPサーバーの起動をオン・オフする画面になります。

「Start Servers」をクリックしてサーバーを起動させましょう。

起動したら、左上の「Apache Server」、「MySQL Server」のアイコンが緑色になり、サーバーが立ち上がります。

待っていると、使用しているブラウザが開いて、下の画面が現れます。

この画面が出たと言うことはMAMPサーバーにアクセスできたということになります。

次に画面上のアドレス入力欄に「localhost:8888」と入力しましょう。

下の真っ白な画面に「Index of/」と表示されたページが現れます。

このページは指定したフォルダのファイルをサーバーが読み取ってブラウザにリスポンスした結果になります。

このフォルダは「Document Root」と呼ばれ、ここに実際に動作を確認したいPHPファイルを置く場所となります。

では早速、MAMPの設定をしていきましょう。

まず、MAMPソフトを選択した状態で、下のように「MAMP」→「Preferences…」の順にクリックしましょう。

続いて出現した下の画面で「Ports」タブをクリックしましょう。

ここではポートを設定します。

初期設定では、Apache Port、Nginx Port、MySQL Portが8888になっています。

先ほど上でアドレス欄に「localhost:8888」と入力しましたが、ここの数字はこれに該当する訳です。

つまり、ポートと言うのは、サーバーにアクセスするのに必要な番号、カギとなるのです。

でも、いちいちポート番号を入力するのは煩わしいので、「localhost」だけでアクセスできるように

下にある「Set Web & MySQL ports to 80 & 3306」をクリックしましょう。

すると、下のようにApache Port:80、Nginx Port:80、MySQL Port:3306 になります。

これでサーバーにアクセスするときは「localhost」だけで済むようになりました。

OKを押すと、MAMPの設定を変えていいかPCに聞かれますので、パスワードを入力してOKを押しましょう。

「Web Server」タブを押すと、下の画面になります。

ここでは特に設定はいじりませんが、「Document Root」と書かれている項目の下を見てください。

先ほども説明しましたが、ファイルをサーバーに反映させるフォルダの場所である、「Document Root」が下の場所にあると言うことを示しています。

初期設定では、Macintosh HD/Applications/MAMP/htdocs/となっており、「htdocs」フォルダがDocument Rootになっています。

 「PHP」タブをクリックしましょう。

ここはインストールしたPHPのバージョンを示していまして、現在、ver 7.3.1が入っていることがわかります。

以上でMAMPの設定は終了となりますので、OKをクリックしましょう。

PHPファイルで時間を表示させる

ここまでの設定で「PHPファイルをローカル環境で使用する」という当初の目的は達成することができました。

それでは最後に、実際にPHPファイルを使ってブラウザ上に現在の時刻を表示させましょう。

その前に初期設定ではタイムゾーンがベルリンになっているので、「php.ini」ファイルを変更して、

日本時間に書き換えましょう。

php.iniの場所は「/Applications/MAMP/bin/php/phpX.X.X/conf/」になります。

「conf」フォルダを開くと、「php.ini」がありますので、これからコードを変更して行こうと思いますが、

間違えて書き換えてしまうとマズイので事前にコピーを取りましょう。

「php.ini」ファイルをコピーしたら、拡張子を「.org」に変えて、「php.ini.org」にしましょう。

拡張子「.org」はオリジナルのファイルであることを表現するためによく使われるもので、特に中身が変わったりしないので、

変更前のファイルに戻したいなと思ったら、これの拡張子「.org」を消してください。

とりあえず、コピーできたら、メモ帳やVisual Studio Codeなどのテキストソフトでこれから書き換える「php.ini」開きましょう。 

下はVisual Studio Codeを使って開いた画面になります。 

下の方へ行くと、907行目から910行目にかけて下のコードが書かれており、これがサーバーの時刻を決めるコードになります。

910行目のコードを見ると、「; date.timezone = “Europe/Berlin”」となっていますが、

先頭の「;」を外して、後ろの「Europe/Berlin」を「Asia/Tokyo」に書き換えましょう。

書き換えたコードが下になります。

すると、「;」でコメントアウトして緑色になっていたコードに色が付きました。

これで時刻がベルリンから日本時間に変更されました。

それでは、変更したコードが反映されているか確認して見ましょう。

テキストソフトで下のコードを入力して、Document Rootフォルダの「htdocs」に保存しましょう。

「htdocs」の場所は「Macintosh HD/Applications/MAMP/htdocs/」となります。

これから頻繁に使うので、ショートカットをデスクトップにでも作っておきましょう

<?php echo date("Y-m-d H:i:s",strtotime("now")); ?>

冒頭で説明したように、MAMPを立ち上げてサーバーを起動させましょう。

ポートの設定もしたので「localhsot」のみをアドレス欄に入力します。

すると、下の画面になり、左上に現在の時刻が表示されていれば、設定が成功していることになります。

[ad]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です